胃カメラ・大腸カメラのご予約状況

6/26現在の胃カメラ・大腸カメラの予約状況をお知らせします。

・胃カメラ・・・7月下旬以降
・大腸カメラ・・8月下旬以降

※医師が緊急を要すると判断した場合は上記の限りではありません。

みはら医院🌱 📞042-746-7280

ワクチン接種後のコロナウイルス抗体検査

コロナワクチンの予約が取れた方や、「接種を終えた」というお声を少しずつ耳にするようになってきました。ワクチン接種を終えると「ちゃんと抗体がついているのかな?」と気になりませんか??

厚労省では【海外で発症予防効果を確認するための臨床試験が実施されており、ファイザー社のワクチンでは約95%の発症予防効果が確認されています。】と発表されていますが、「本当に自分に抗体がついているのか確認したい」と思われる方もいらっしゃると思います。

当院では血液検査によるワクチン接種後の「コロナウイルスの抗体検査」(注1)が可能です

費用:¥4,400(税込) 検査後、およそ3日程で結果が出ます。

当院では院長とスタッフが当検査を行いました。以下、ご参考まで。*抗体検査は接種後、2〜3週間後に行いました。

予防接種回数 抗体値(基準値0.80未満)
接種前 0 (抗体なし)
1回目接種後 10〜100 (抗体価上昇😳)
2回目接種後 1,500〜3,500 (高い抗体価😄)

検査に関するご相談やお問い合わせはお気軽にお電話または受付まで💁🏻‍♀️

みはら医院 ☎️042-746-7289

(注1) 新型コロナウイルス抗体検査(SARS-CoV-2抗体検査)について

まず、当院で使用しているワクチンはファイザー社製のもので、メッセンジャーRNAワクチン(mRNA)と呼ばれます。ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質であるSARS-CoV-2のスパイクタンパク質の設計図となるのがmRNAです。
ワクチンとしてmRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、中和抗体(ウィルスの細胞侵入を妨害する抗体)が作られます。また人間が本来持っている細胞性免疫応答も誘導されます。
当院では、検体中のSARS-CoV-2に対する抗体(IgGを含む)を検出する定性検査を行います。ワクチン接種後(3週間後目安)にこのSARS-CoV-2抗体を調べることで、予防するための免疫力がどれだけ上がっているかを確認できます。

PCR 検査と抗体検査の違い
PCR 検査は感染して体内に病原体(ウイルス)が存在しているかどうかを調べる検査です。一方、抗体検査は病原体そのものを調べる検査ではなく、病原体に感染したもしくはワクチンを打った後に、抗体ができているかどうかを調べる検査です。少量の血液で簡単に検査ができるというメリットがあります。